ジェルネイル 通販

ジェルネイルのやり方


ジェルネイルには2種類ある!

ジェルネイルはお店に行って、ネイリストさんにお願いしないと出来ないものなのか、というとそうではありません。
マニキュア同様、自分の家でやることも出来ます。
その前に、まずジェルネイルについて少し詳しく述べたいと思います。
ジェルネイルには2種類あります。
一つは、ソークオフジェル、そして、ハードオフジェルです。
これらはネイルのオフの仕方によって命名されています。
ソークオフジェルとは、アセトンという溶剤を使用してネイルを落とすことが出来るため、爪を物理的に傷つける心配が少ないとされています。
溶かすだけですから、イメージとしてはマニキュアを除光液でオフするのと近いと言えるでしょう。
ただ、ソークオフジェルはハードオフジェルと比べて軟らかいため、爪を長くすることは基本的に難しいようです。
ハードオフジェルとは、やすりなどの道具を使い、ネイルを落とす必要がありますが、その分硬い素材であるため、長さを生かした装飾であったり、オーバーレイというネイルチップの長さとジェルネイルの利点を生かした装飾も可能です。

ジェルネイルにチャレンジ!

では、自宅で個人でやる場合、どちらがいいでしょうか。
個人的には、ソークオフジェルがいいと思います。
何故かというと、ハードオフジェルは落とすときに専用の道具が複数必要なうえに、その道具を使いこなす技術も必要になってくるからです。
ソークオフジェルならアセトンがあれば、事足ります。
まず、爪の準備、下処理を行います。
爪の長さを調整し、爪とジェルネイルの密着性を高めるためのフィッターを塗っておきます。
ジェルが浮きやすい爪の場合は、やすりなどで爪の表面に軽く傷をつけるといいでしょう。
次にいよいよ装飾となりますが、基本の作業はジェルを塗ったらライトを照射という作業の繰り返しになります。
ストーンなどの飾りをつけた場合はトップコートを塗ってからライトで固めます。

セルフジェルネイルにはどんな道具が必要?

自宅でジェルネイルをする場合、どんな道具が必要になるでしょうか。
ソークオフジェルの場合を想定して考えてみます。
ソークオフジェルでもハードオフジェルでも必要なのは、まずUVライトです。
大体、5000円前後で市販されています。
ちょっと高いと感じる方もいるかもしれませんが、ネイルサロンに通うことを考えれば、手にしやすい値段ではないでしょうか。
ベースやジェルネイルそのものは言わずもがなですね。
そしてブラシにライナー、ラインストーン装飾を施すときのピック、オフのためのアセトンなどになります。
これでいよいよ、セルフジェルネイルが可能となるわけです。

口コミ・評判ランキング

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

公式サイトはこちら

ソルースジェル

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。